伴南の家

HOUSE IN TOMOMINAMI

3間角(5.4M角)の中庭を囲むように、パブリックスペースの交流室とプライベートスペースの住宅を配置し、相互の関係性に配慮しつつ、機能的な回遊性のある兼用住宅の計画。