祇園の家

銅製のペンダントライト

銅製のペンダントライト
銅製のペンダントライト

【祇園の家】

 

初期メンテで伺い、動きの悪くなっていた建具など調整させてもらいました。

 

ダイニングにある銅製のペンダント。

無垢の木と土と無垢の銅。

これからの経年変化が楽しみです。

 

 

外構工事完了

祇園の家 アプローチ
祇園の家 アプローチ
祇園の家 デッキ
祇園の家 デッキ

【祇園の家】

 

外構工事が終わりました。

 

アプローチは土モルタル仕上げ。建物と調和して、だんだんと風合いが増します。

リビング前のデッキは、格子に囲まれて落ち着く場所になりました。

植栽が入って緑が増えると良い雰囲気になると思います。

 

玄関灯が納期6月なので、それがつく頃が完成になりそうです。

 

 

祇園の家、内覧会のお知らせ

祇園の家、内観
祇園の家、内観

【祇園の家、内覧会のお知らせ】

 

祇園の家が完成間近となりました。施主のご厚意で下記日程にて内覧会を開催させていただくことになりましたので、お知らせします。ご希望の方は電話、メール、メッセージなどでお名前、人数、ご希望の時間帯を添えてお申込みください。

 

日時:2019年12月8日(日) 10時~15時

場所:広島市安佐南区祇園 JR古市橋駅徒歩5分(詳しい場所は申込み後ご連絡致します。)

※駐車場はありませんので、お車の場合は近くのコインパーキングに留めてお越しください。

連絡先:tel / 082-554-7540,  E-mail / sasaoka@sasaoka-k.com

   

2015年に国連で決められた「2030SDGs」(持続可能な開発目標)では、持続可能な社会を目指して17の目標が掲げられました。自分の住まいが何で出来ているのか、「木」だと思っていたものが、本当はビニール製ということはよくあります。SDGsから住まいづくりを見直すと表層的な外見だけでなく、そのマテリアルフローから、社会全体のネットワークを見直す必要があります。持続可能な社会を目指す上で課題は様々で、それら多元方程式を解く一つのカタチとして、「小木土家」は2030年のスタンダードを目指しています。素朴な木と土の器での豊かな暮らしを体験していただき、これからの住まいづくりを考える機会になれば幸いです。

 

■「祇園の家」でのSDGsに向けての主な取組み

・国産の無垢材や土など自然素材を材料として使う。→目標12. 持続可能な生産消費形態を確保

・次世代省エネ基準をクリア、ゼロエネ相当。→目標7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに

・日本の気候に合った室内環境で、家族の健康を守る。→目標3.すべての人に健康と福祉を

 

 

杉板と漆喰の外壁

杉板と漆喰の外壁
杉板と漆喰の外壁

【祇園の家】

 

外壁の工事が完了し、足場がとれました。

 

杉板15mmと砂漆喰15mmの外壁。

 

杉と漆喰の景色がどのように変わっていくのかとても楽しみで、10年後、20年後の姿を想像するだけでワクワクします。

 

 

砂漆喰の下塗り中

木ずり下地に砂漆喰を下塗り中
木ずり下地に砂漆喰を下塗り中

【祇園の家】

 

外壁に砂漆喰下塗り中です。

 

木ずり下地に砂漆喰を塗り込んでいきます。

 

モルタル下地よりシンプルで良いですね。

 

 

 

階段の組立

階段組立中、ささらの取付完了
階段組立中、ささらの取付完了

【祇園の家】

 

造作工事、最難関の廻り階段組立中です。

 

ジグザクと「ささら」の取付完了して、2階までようやく届きました!

これから段板、蹴込板と順に取付していきます。

 

 

土壁塗り体験会開催

木小舞に土を塗ります。
木小舞に土を塗ります。

【祇園の家】

遅くなりましたが、先日行った土壁塗り体験会の様子です。

 

土壁の材料は土、藁、水だけで乾燥もゆっくりなので、子供たちと一緒にできるのが良いですね。

雨の中の開催となり、まさに泥だらけになりながらでしたが、無事皆さんで塗り終えることが出来ました。

 

「木と土の家」の住まいづくりを土の感触を通じて、感じでいただけたのではないかと思っています。

 

この体験会から2週間ほど経ち、今は土壁もほぼ乾燥しました。

またその様子もお伝えしたいと思います。

 

土壁見学会、体験会のお知らせ

木小舞が完成
木小舞が完成

【祇園の家】

 

木小舞が完成しました。これからいよいよ土壁塗りが始まります。

 

土壁塗りの見学会、体験会を下記の日程で開催しますので、興味のある方は是非ご参加ください。

参加費無料です。電話、メール、メッセージなどで申込みをお願い致します。

 

日時:2019年9月1日(日)10時から12時

場所:祇園の家(古市橋駅から徒歩5分ほど)

 

駐車場はありませんので、お車でお越しの場合はコインパーキングをご利用ください。

土壁塗り体験は定員8名ほど、汚れても良い服装でお越しください。お子さんも参加できます。

 

生の土の感触や香りをぜひ体験してみてください。

 

参考動画 小さな木と土の家 納戸の土壁塗り (僕が自宅納戸を塗ってます。)

 

 

祇園の家 屋根仕舞完了

小木土家 屋根仕舞を終えた祇園の家
屋根仕舞を終えた祇園の家

【祇園の家】

 

祇園の家の屋根仕舞が終わりました。これで一安心。

2寸勾配の屋根の重なりがゆったりしてて良いなと思いました。

 

荒壁塗りに向けて新たに準備していきたいと思います。

構造見学希望の方は随時受付てますので、お気軽にご連絡ください。

 

 

祇園の家 建前

【祇園の家】

 

祇園の家の建前を25日から3日間かけて行いました。

 

なかなか梅雨明けせず天気を心配しましたが、始まってみると快晴で猛暑の中での建前となりました。

体力的にはきつかったですが、みんなで力を合わせて無事上棟することができました。

 

また上棟後の写真アップしたいと思います。

 

 

基礎工事完了

【祇園の家】

 

町屋大工から型枠大工となり進めてました基礎工事も無事、コンクリート打設まで完了しました。

 

養生期間を待って脱型となります。

どんな仕上がりになってるか、心配半分楽しみ半分です。

 

祇園の家 建前のお知らせ

7月25、26日に建前予定の軸組模型
7月25、26日に建前予定の軸組模型

【祇園の家 建前のお知らせ】

 

祇園の家の建前を7月の25、26日に予定してます。伝統構法の木組みを手起こしにて組立ます。応援して頂ける大工さんをあと1〜2名募集してますので、参加希望の方は是非ご応募下さい。

 

また見学希望の方は、メッセージ、コメント下さい。詳しい場所などご連絡致します。古市橋駅から徒歩5分です。住宅街で駐車場はありませんので、できるだけ公共交通機関でお越し頂ければと思います。

 

建前のハイライトはスタートダッシュ、25日の8時から10時です。

 

伝統構法の特徴は、木の柔らかさ、柔軟性を生かして、人命第一に建物の倒壊を防ぐ工夫にあります。そういった木の特性を感じるには建前に参加、見学して頂くのが一番です。現代では貴重な機会を出来るだけ多くの方と共有したいと思います。

祇園の家 墨付け進行中

続きを読む

青空の下、地鎮祭

地鎮祭、祭壇の様子。
地鎮祭、祭壇の様子。
地鎮祭の盛砂、鎌(かま)、鍬(くわ)、鋤(すき)をいれます。中央は鎮め物。
地鎮祭の盛砂、鎌(かま)、鍬(くわ)、鋤(すき)をいれます。中央は鎮め物。

【祇園の家】

 

地元の安神社様により、地鎮祭が執り行われました。

 

お日柄、天気ともにとても良く、青空がとても清々しかったです。

 

これからいよいよという気持ちをみんなで共有できる良い機会となり、棟梁としても、より一層気が引き締まりました。

 

吉野杉の柱を番付中

吉野杉の柱を番付中
吉野杉の柱を番付中

【祇園の家】

 

奈良県の阪口製材所より構造材が届きました。

色、艶きれいな吉野杉で、優しい香りが漂います。

 

早速、柱の番付をしました。

全部並べて、1本1本の表情や木目など個性を読み込み、良く見えるところから順番に番付をしていきます。

 

含油率の高い赤身はしっとりとした感触でまさしく「大トロ」。

こういった材料は刻みやカンナ掛けもしやすいので楽しみですが、まずは墨付けをしていきたいと思います。

 

 

祇園の家 1/30の軸組模型

祇園の家 1/30の軸組模型
祇園の家 1/30の軸組模型

【祇園の家】

 

祇園の家の1/30の軸組模型を作りました。

「小木土家」をモデルにした住まいです。

 

2寸勾配の緩やかな下屋根が特徴的です。

木組みも4寸角と4寸×6寸角の2種類の部材にまとめ、シンプルな架構となりました。

 

街中でゆったりくつろげる住まいになればと思います。